腎臓病 秋田

腎臓病の検査

スポンサーリンク

近頃では、日本国内だけで約2000万人が腎臓病予備軍だとされていて、新しい国民病とまで腎臓病は言われています。では、どのような検査を行えば、腎臓病を発見出来るのでしょうか?一般的には、血液検査と尿検査を行えば、腎臓病かどうか判断出来ると言われています。

 

この二つの検査を行った結果、腎臓病だという疑いが高い場合には、腎生検を行うこともあります。血液検査を行う際、腎臓は3つ項目を検査すれば、ある程度のことはわかるとされています。まず、1つ目が、「クレアチニン」。

 

クレアチニンはアミノ酸の一種で、腎臓機能が低下していくと、この項目の数値が高くなります。腎臓が正常に機能していれば、ろ過され、吸収されずに尿と一緒に体外へ排出されるのです。でも、腎臓機能が低下していると、血液中にクレアチニンが溜まってしまい、その結果、数値が高く出てしまうのです。

 

しかし、クレアチニンは筋肉量で数値が左右されてしまうので、男性と女性で差が出てしまったりもします。それに、高齢者の方が数値が低く出てしまう傾向にあるので、軽い腎臓機能障害では正確な判定が出来ません。

 

そこで、年齢や性別などの条件をかけ合わせて、正確に数値を測定出来る項目が、「eGFR」なのです。さらに、3つ目が、尿酸窒素であるBUNです。尿酸窒素は、クレアチニンと同じく腎臓機能が低下すると、ろ過出来なくなり、血液中に蓄積されていきます。

 

従って、腎臓機能に障害があると高い数値を示すのです。ただ、腎臓機能障害の他に、たんぱく質の過剰摂取や甲状腺機能亢進症などの場合でも高い数値を示します。

 

腎臓病かどうかを判断するにあたって、最も簡単な検査方法であるのが尿検査です。尿検査では、尿中のたんぱく質の有無や赤血球の有無を検査します。

スポンサーリンク

腎臓病-名医のいる病院や有名な病院-秋田県記事一覧

病院名 秋田組合総合病院郵便番号〒 011-0948所在地秋田県秋田市飯島西袋 1-1-1電話番号018-880-3000診療科目内科 循環器科 呼吸器科 消化器科 腎内科 糖尿病代謝科 神経内科 外科 脳神経外科 整形外科 リハビリテーション科 泌尿器科 小児科 小児外科 産婦人科 耳鼻咽喉科 皮膚科・形成外科 眼科 麻酔科 放射線科 病理診断科 救急診療科 緩和ケア科病院名 中通総合病院郵便番...